【無知は損】最大500万円以上支給!? 正式に国の制度を使った失業保険制度について。

こんにちは、こんばんは「ゆっけ」です(^_^)/

今回は正式な国の制度を採用することによって支給される「失業保険制度」のサポート制度についての詳細をお伝えします。

チームゆっけのみんなには「代理店」としてこの紹介を誰かにして→その人が「あなた経由」でサポートが契約となれば報酬をお渡しできます。

 

流れや詳細はこのあと話しますが、代理店の方への報酬を先に伝えると

①28か月プラン→1契約ごとに22万円の報酬
②18か月プラン→1契約ごとに20万円の報酬
③10か月&10か月一括プラン→1契約ごとに19万円の報酬

といった感じで、かなり大きな金額をお渡しすることができます。

 

毎月1契約でも生活の足しとしては十分な収入を得ることができますし、毎月2契約をコンスタントに出せるようであれば、もうそれだけで生活ができるレベルに到達します。

SNSをうまく使えば身のまわりで対象の方がいなくとも、失業保険の対象の方を見つけることも可能。そのコツなどの情報に関してもチームゆっけで行っていくので一緒にがんばりましょう♪

 

※上位会員(新しい会社のサービス登録者)の方は個別コンサルまで行います。

※自分自身が失業保険を受けたい場合は「僕に直接」お声掛けください。かなり安く契約することができます♪

 

◎始めたい場合は下の僕の公式ラインへ→【チームゆっけ公式ライン】

 

それでは前置きが長くなりましたが、詳細のほうにレッツゴー(^_^)/

 

動画の方が勉強しやすいぞ、って方は動画へ。文では伝え切れてない細かい補足なども観れます♪↓

【失業手当:概要】

●概要:今現在、国が社会福祉に力を入れています。ですがその手当てを知らない方ほとんどの為、不幸な状況に陥っている方が多い現状になっています。
私たちはその手当てをしっかりもらえるようサポートさせていただきます。

使う手当として
社会保険、雇用保険を活用します。

条件は会社に1年以上勤続していること。

通常は会社を退職してハローワークに申請すると失業手当で総支給の60%ほどが3ヶ月受給されます。

総支給25万円×60%=15万円
15万円×3ヶ月=45万円

私たちがサポートさせて頂くことによって最大28ヶ月の受給に伸ばすことが可能になります。
15万円×28ヶ月=420万円

※重要
①正社員ではなくてもいけるらしく、派遣社員でも雇用保険に加入して一年以上働いていれば問題ないです。

退職予定が今後一か月ほどの人だけをお繋ぎください退職予定がそれ以上に長い方でも、話だけ振るのは大丈夫ですが、本格的に担当者に繋ぐ場合は一か月目安でお願いいたします。

●プラン3種類(サポート費用および支給方法)

 

※分割に関しては変更あり。頭金10万円ほどが別途かかるかと思います。詳しくは担当田口さんまで。

【①28ヶ月支給】
一括 : 55万円
クレジット : 58万円
6分割 : 60万円(10万円×6回)
10分割 : 65万円(6.5万円×10回)

支払い方法:毎月の支給。2年経過もしくは支給期間中有に雇用保険に加入した時点で終了。

【②18ヶ月プラン※自衛官など公務員のみ対象】
一括 : 49万円
クレジット : 51万円
6分割 : 54万円(9万円×6回)
10分割 : 60万円(6万円×10回)

【③10ヶ月支給&②10ヶ月一括支給】
一括 : 42万円
クレジット : 44万円
6分割 : 48万円(8万円×6回)
10分割 : 50万円(5万円×10回)

①支払い方法:毎月の支給。10ヶ月経過もしくは支給期間中有に雇用保険に加入した時点で終了。

②支払い方法:10ヶ月分の金額の70%を一括で受け取り(実質7か月分)。退職後二ヶ月くらいに受け取ることができす。
一括で受け取った時点で終了。

●支給額計算
基本給25万円の場合
25万円×60%=15万円

28ヶ月プラン⇨15万円×28ヶ月=420万円
10ヶ月プラン⇨15万円×7か月分=105万

●注意事項・デメリット

①社会保険 傷病手当は「うつ病」診断が必要
病院で医師から「うつ病」診断を取得する必要があります。誰でも取得できるが、うつ状態でなくてもうつの症状を訴える必要があるので、それに抵抗がある方は無理にはお勧めいたしません。

②再就職で社会保険加入の場合は最大7ヶ月分までの支給
最大28ヶ月支給を受けるには、その期間社会保険に入らない必要があります。通常、就職すると会社で社会保険に加入するので、その場合は最大7ヶ月までの支給になります。アルバイトの場合は、社保加入の有無を要確認。

③支給期間は生命保険に加入できない
「うつ病」の診断を取得するので、支給期間内は生命保険への新規加入はできません。支給前に生命保険に加入していた分については問題ありません。更新が必要なものは、支給期間の更新はできないので注意が必要です。

●例(こんな人の場合はどうする?)

○会社員から独立して、個人事業主もしくは法人を立てる場合
28ヶ月プラン

○一年くらい海外留学行く予定
10ヶ月プラン、10ヶ月一括プラン

○退職後、すぐに会社員になる予定
10ヶ月プラン
二ヶ月間あけてもらい、退職手当もらった後に就職。

まとめ

いかがだったでしょうか。この話の最大のポイントは

☆国の制度を正式に使った安心・安全な収入源が確保できる
☆変な話ではないゆえ、国の制度が崩壊するなどよっぽど重大事件が起きない限り確実にお金が入る

という点です。

人に自信を持って紹介できますし、もちろん自分がこのサポートを受けても大丈夫です。

自分や、身の回りの人を良くしていきましょう。それではまた別の記事などで♪

最新情報をチェックしよう!
>信用と信頼の連鎖を作る。Reveur

信用と信頼の連鎖を作る。Reveur

【株式会社Reveur】ではチームゆっけで見られない限定情報を配信。2019年転売で日本一の販売実績を誇る講師、経営のプロであるCEOが特別個別コンサル等も行います。ランクの高い、プレミアムな経験をあなたに。

CTR IMG